韓国でスフレ

過日、3日ほど韓国へ出張してまいりましたので、その時の話をすこし。韓国へ行くのは約16年ぶりでした。

 

釜山から海雲台(ヘウンデ)へ移動し、市場のキムチとヘビのようなヌタウナギを横目に海岸沿いへ。

この日の気温はマイナス2度だったのですが、海岸にはかなりの人出。この寒さのなか何かイベントでもあるのかと思ったら、のちに現地の人に伺ったところ、この日は割に暖かな日だったので海を見に行った人が多かったということでした。

あまりの寒さにこわばる夫ですが、無事に目当てのお店にたどり着きました。大邱(テグ)市に本店のあるカフェ白金堂のアプサン店です。

白い生クリームがたっぷりかかったパンケーキが名物らしいのですが、一人ではとても食べきれないためこの日は熱々のスフレに。黒糖の入ったまろやかなコーヒーは、コーヒーが苦手な人でも美味しく飲めると評判です。(普段はコーヒー飲めない夫も美味しいと言ってるので噂は本当)インスタにはスイーツと韓国美女の自撮り画像が溢れていて、話題のお店であることが伺えます。

店内にはオーナーの趣味で日本製の昭和の家具調度があります。日本風レトロカフェといった風情です。ちらりと写っていますが、グリーンとアイボリーのアラジンストーブも店内で使われています。

 

 

 

そしてもう一軒、慶山(キョンサン)市に工房のある hands_plateへ。大学院で陶芸を学び現在では教鞭もとっているソンさんの作品が並びます。奇をてらったデザインのものではなく実用的で美しい器ですので、飲食店からの受注が多いというのも頷けます。こちらの花瓶は何を活けても複数でも一輪でも様になる不思議な使い勝手の良さがあり、この日もひとつ購入しました。

こちらでも日本の骨董市で買って持ち帰ったというアラジンストーブが使われていましたが、韓国にはまだアラジンの正規代理店や販売店がないためメンテナンスができない状態です。これも分解して持ち帰ったため組み立て方が間違っていました。

 

 

 

一昔前は、韓国旅行は近い、安い、美味しいなどといって本当に気軽に遊びに行ったものですが、社会情勢を含めいろいろなことが大きく変わりましたね。もはや鉄道インフラやインターネット環境などは日本よりも利便性に優れていますし、物価はコンビニで同等のものを比べれば日本のちょうど2倍です。韓国国内での経済格差は日本よりも明白だとも思いました。今回はあちこちで美味しい料理をご馳走になり、本当に韓国の皆さんによくしていただいて実りの多いの出張でした。みなさまも釜山、大邱周辺へ遊びに行くことがあったらぜひ立ち寄ってみてください。