小鹿田焼リーチ型ピッチャーほか入荷

小鹿田焼の持ち手付き水差し。いわゆるリーチ型ピッチャーです。今年の5月に開催しました弊店の陶器市でも大変人気の小鹿田焼ですが、陶芸家のバーナード・リーチ氏との関係はよく知られるところであります。

もともと取っ手なしで使われていた農家の肥料用壺に、取っ手をつけることを提案したリーチ氏とのコラボレート作品とも言えます。大きなもので高さが30センチ前後、容量は4.5リットル前後です。本体の形状、そそぎ口の形状、釉薬の具合、それぞれに個性的です。

土の感じや色合いは和風の焼き物ですのに、取っ手がつくだけでスリップウェアーと呼びたくなるおしゃれな感じになるのは不思議です。

 

 

久々にロッキングチェアー。

 

 

金縁の額、額、額。すべてデッドストック品です。いつもは枠のみですが、今回はアクリル板と裏板付きですので絵画用の額縁をお探しの方におすすめです。

 

 

フォトフレーム。モノクロームの古い写真を飾るのにおすすめの鄙びたフレーム。

 

 

唐子と桃の陶製置物。桃が青いです。古来より桃は悪しきものを払う霊験あらたかな果実。仙境に住む西王母の桃は3000年に一度しか実をつけない不老長寿の桃、でしたっけ?桃の節句の飾り物にしても一風変わって面白いです。