木製格子棚ほか入荷

背面もある木製の格子棚です。学校の教室の一番後ろにある荷物棚のシェルフのような感じです。昭和30年代の製品。木色は明るめです。横幅96センチ高さ112センチ奥行き30センチ。レコードがぴったり収まるサイズです。ディスプレイ棚としても最適。

 

 

木製の引き出し7段。材質は樫の木。昭和初期のものでどっしりと重く、木目が美しい家具です。横幅40センチ高さ88センチ奥行き49センチ。

 

 

ダイヤガラス入りの引き戸の棚。脚がないのでなにか作り付けの棚や他の家具の上に置くのにちょうど良いものです。材質はシオジだと思います。昭和30年代の製品。中は棚板が一枚入ります。数センチですが棚板の高さは上下に調整できます。横幅67センチ高さ61センチ奥行き33センチ。

 

 

ライティングビューロー。木目も麗しい昭和初期のお座敷ビューローです。美しいブルーのガラスつまみが付いています。昨今は正座してものを書く人も少なくなったようで、この収納力を生かして食器棚としてお使いになる方もあるそうです。たしかに扉があるので埃はしませんし、一人暮らしならちょうど良いかもしれません。若い方は発想が柔軟で感心します。横幅72センチ高さ86センチ奥行き33センチ。

 

木製の2段小引き出し。古風な真鍮の引き手が付いています。横幅30センチ高さ25センチ奥行き26センチ。

 

 

小さな小さな木製小引き出し。突き板につまみはプラスチックですが、なかなかに可愛らしい引き出しです。小物入れに。横幅15センチ高さ21センチ奥行き21センチ。

 

 

レザー張りの木製丸椅子。

 

 

大きな温度計。昭和40年ごろのもの。

 

 

昔はスコッチテリアと呼んでいましたが、最近はスコティッシュテリアと呼ばれることの方が多いようです。リアルな鋳物のスコティッシュテリア。中身はくりぬいてありますが、それでも相当な重さです。そういえば先日映画の「1917」を見たのですが、終盤に名前を名乗るところでスコフィールド、愛称スコ。みたいなところがあって、そうか、そこはそう略すのかと勉強になりました。

 

 

鄙びた金属製のクリップ(大)。

 

 

特大の吹きガラス花瓶。大きなほうは140センチ、小さなほうでも110センチ。これ、作るの大変だっただろうなと…

 

一時期はアンティーク風金魚鉢としてよく出回った中国製のガラス鉢。縦長の寸胴型でめだかなどを買うのにちょうど良いサイズです。直径23センチ高さ27センチ。脚が人の手みたいで怖いけど。

次の記事

医療棚ほか入荷